説明

At the tip of the great wing is a triangular portion, the parietal margin, bevelled at the expense of the internal surface, for articulation with the sphenoidal angle of the parietal bone; this region is named the pterion.


This definition incorporates text from a public domain edition of Gray's Anatomy (20th U.S. edition of Gray's Anatomy of the Human Body, published in 1918 – from http://www.bartleby.com/107/).

画像

e-Anatomyをダウンロードする

携帯あるいはタブレットのユーザーは e-Anatomy をアップルストア、あるいはグーグルプレイでダウンロードすることができます。

アップルストアではe-Anatomy グーグルプレイではe-Anatomy