説明

The ridge behind the groove for tendon of fibularis longus ends laterally in an eminence, the tuberosity of cuboid, the surface of which presents an oval facet; on this facet glides the sesamoid bone or cartilage frequently found in the tendon of the Peronæus longus.


This definition incorporates text from a public domain edition of Gray's Anatomy (20th U.S. edition of Gray's Anatomy of the Human Body, published in 1918 – from http://www.bartleby.com/107/).

画像

e-Anatomyをダウンロードする

携帯あるいはタブレットのユーザーは e-Anatomy をアップルストア、あるいはグーグルプレイでダウンロードすることができます。

アップルストアではe-Anatomy グーグルプレイではe-Anatomy