説明

Peritoneal Recesses or Fossæ (retroperitoneal fossæ).—In certain parts of the abdominal cavity there are recesses of peritoneum forming culs-de-sac or pouches, which are of surgical interest in connection with the possibility of the occurrence of “retroperitoneal” herniæ. The largest of these is the omental bursa, but several others, of smaller size, require mention, and may be divided into three groups, viz.: duodenal, cecal, and intersigmoid.


画像

この解剖学的部位を含む画像はまだありません。

e-Anatomyをダウンロードする

携帯あるいはタブレットのユーザーは e-Anatomy をアップルストア、あるいはグーグルプレイでダウンロードすることができます。

アップルストアではe-Anatomy グーグルプレイではe-Anatomy