vet-Anatomy

CTスキャンによる犬の腰仙椎:

vet-Anatomy

筆者

Antoine Micheau - MD , Denis Hoa - MD , Susanne AEB Borofka - PhD - dipl. ECVDI

投稿する

2017年 10月 05日 木曜日

セクション

Dog

解剖学的構造

この獣医放射線解剖学アトラスの解剖学モデュール“vet-Anatomy”は犬の腰椎、腰仙関節、仙骨、尾椎をCTスキャンと腰部脊椎と腰帯の3Dイメージで取り扱っています。

CTイメジは3つのなる面(横断、矢状、背部)、2のコントラストで(骨/肺、組織/中隔膜/脈管)利用できます。モデュルの最後では付随3D解剖が利用でき、腰椎の骨、仙骨、骨、尾骨(尾椎)が表示できます。

259の解剖学造がキャプション付けられており、骨造(腰部、仙椎と尾椎、骨、坐骨、骨)、関節、椎板、靭帯、背筋、脊椎神、脊と脊膜(硬膜外腔

脳髄硬膜)

このCTスキャンは健康な7のラブラドルにヨド造影不使用でDr.Susanne AEB Boroffka, dipl. ECVDI, PhD (オランダ、ユトレヒト)によって行われました。

3D描写イメジ(Osirix Softwareを用いCTスキャンから改作)、画像表示、解剖学キャプションはDr. Antoine Micheau、レントゲン技師(フランス、モンプリエ) Dr. Denis Hoa、レントゲン技師 (フランス、モンプリエ)によって制作されました。

 

Nomina Anatomica Veterinaria(第五版 - 2012 by ICVGAN )のラテンを用いてキャプション付けられています。解剖学用Antoine Micheau - MD, Imaiosによってラテンから英仏語されています.

 

解剖学的バリエションについて者特

  • 通常犬は7つの腰椎、3つの仙椎を持ちます。残念ながらこの解剖学モデュルに利用した犬は脊椎骨の渡的例を持ち、6つの独立した腰椎しかありません。教育的目的から、腰椎を7つまで数えていますが、質問がある合はImaios Supportまでご連絡くださ
  • 13番目の右の助骨は痕助骨です。
  • 右の仙腸関節の骨化において部分的に合しています。
  • 最初の尾椎(Cd1)は最後の仙椎(S3)と部分的に合されています。
Anatomy of the canine lumbar spine (CT): 腰椎, Processus costalis (横突起), 棘突起,  脊柱管,  椎弓根

Anatomy of the canine lumbar spine (CT) - vet-Anatomy

 

犬の腰椎と腰仙関節の解剖図(CT): 仙腸関節, 仙骨;仙椎[1-5], 腸骨翼, 犬

犬の腰椎と腰仙関節の解剖図(CT)

 

椎間円板 - 犬 (CTスキャン): 髄核,  線維輪, 黄色靱帯,

椎間円板 - 犬 (CTスキャン):

 

 

犬 - 脊柱 (CTスキャン): Lumbosacral vertebral junction, 仙骨;仙椎[1-5], 仙骨管

犬 - 脊柱 (CTスキャン): Lumbosacral vertebral junction, 仙骨;仙椎[1-5], 仙骨管

 

Veterinary anatomy - 背部の筋: 腸肋筋,  最長筋, 棘筋, Musculus complexus, 多裂筋, 脊柱起立筋

Veterinary anatomy - 背部の筋

 

腰椎 - 犬: 解剖学アトラス - 3D

腰椎 - 犬: 解剖学アトラス - 3D