Cochlea of tibia - Cochlea tibiae

説明

The distal articular surface of tibia is called the cochlea of tibia, composed by two grooves separated by a ridge (mostly craniocaudally oriented excepted in horse where the intermediate ridge is craniolaterally oriented) for articulation with trochlea ridges of the talus for the tarsocrural joint.


Text by Antoine Micheau, MD - Copyright IMAIOS

画像

vet-Anatomyをダウンロードする

携帯あるいはタブレットのユーザーは をアップルストア、あるいはグーグルプレイでダウンロードすることができます。

アップルストアではvet-Anatomy グーグルプレイではvet-Anatomy