vet-Anatomy

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の解剖図

筆者

Antoine Micheau - MD , Denis Hoa - MD , Susanne AEB Borofka - PhD - dipl. ECVDI

投稿する

2019年 10月 29日 火曜日

セクション


解剖学的構造

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の解剖図

このvet-Anatomy 獣医学アトラスのモデュールはCTによる犬の腹部と骨盤に関するものです。

CT画像は健康な6歳の去勢された雄犬を撮影したものです。

動物アトラスvet-Anatomy のモデュールでは、CTによる犬の腹腔と骨盤のラベル付き解剖断面図、そして犬の腹部3D画像が表示されます。

CT画像は三つの異なる平面図(横断、矢状断、背側)、二つのコントラスト(軟部組織/管と骨)で利用可能です。追加3D 解剖学図がモデュール最後に利用可能で、犬の肉眼解剖学の理解を深め、骨、内臓学(肝臓、脾臓、膵臓、消化管)、泌尿生殖器系、動脈、全身静脈系(主に後大静脈とその系統)、門脈系、筋肉そして体表解剖学 の3Dボリュームレンダリングが表示されます。

834の解剖学的部位がラベル付けされ、異なるセクション(フィルター)で利用可能です:

  • 身体部位
  • 部位
    • 肋骨
    • 胸骨
    • 脊柱
    • 骨盤肢骨
  • 間接
  • 筋肉
    • 背筋
    • 胸筋
    • 腹筋
    • 会陰筋
    • 尾筋
    • 骨盤肢筋
  • 筋膜
  • 呼吸器官
    • 肺葉
    • 肋膜
  • 消化器系
    • 食道
    • 小腸
    • 大腸
    • 肝臓
    • 肝分節
    • 胆道系
    • 膵臓
    • 脾臓
    • 腹膜
  • 日尿生殖器系
    • 腎臓
    • 尿管
    • 膀胱
    • 男性尿道
  • 男性器
  • 会陰
  • 動脈
    • 胸部大動脈
    • 腹部大動脈
    • 内腸骨動脈
    • 外腸骨動脈
  • 静脈
    • 前大静脈
    • 後大静脈
    • 肺葉肝静脈
    • 門脈
    • 肺葉門脈
  • リンパ系
    • リンパ節
    • リンパ本幹とリンパ管
  • 神経
    • 脊髄神経
    • 自立系神経

このヨード造影剤を使用したCTは健康な6歳の去勢された雄犬(ラブラドール・レトリバー)にDr.Susanne AEB Boroffka, dipl. ECVDI, PhD (オランダ、ユトレヒト)によって行われました。

3Dボリュームレンダリングイメージは同じCTdicom データをもとにDr. Antoine Micheauによって GE ADW上で作成されました。

画像表示、解剖学ラベリングそして解剖学定義はDr. Antoine Micheau、レントゲン技師(フランス、モンプリエ) と Dr. Denis Hoa、レントゲン技師 (フランス、モンプリエ)によって作成されました。

用語はthe Nomina Anatomica Veterinaria (Sixth edition - 2018 by ICVGAN)で定義されたラテン語を使いラベル付けされています。Antoine Micheau - MD, Imaiosによりラテン語から英語とフランス語に翻訳されました。

著者の解剖学に関する特筆:

  • 去勢手術の結果睾丸と陰嚢はなく、萎縮した精管があります。
  • 神経や腹膜などの構造はCTで直接見られないものがあり、その方向と位置は動脈と他の隣接構造に近接しています。
  • 肝臓肺葉静脈と肺葉門脈はNAV(human terminologia anatomicaも同様)にリストされていませんが、これらの名称は肝分節の学名を使い追加しています。
  • CTによる犬の肝分節は Dr Antoine Micheauの原著作物です :

犬の肝臓の分裂は解剖学的考察に基づき2つの突起と共に4つの葉と4つの副葉で描写されています。これはNAVで使われている学名です。

人間の肝臓のCouinaud分類と犬の肝臓の脈管解剖学の類似性に基づき、犬の肝臓静脈系の脈管解剖学の使用は混同がより少ないため、この臓器においては外科学的アプローチ(放射線学的も同様)のためにより便利であると考える著者もいます。

vet-Anatomyでは犬の肝分節のために L. Mari と F. Acocellaの出版を使用しました。犬の肝葉と人間の肝臓部分は類似しているので human terminologia anatomicaの学名を使っています。

 

セクション 区分 NAVにおける従来の学名 区分ナンバリング提案 学名提案 人間の相当部分
左側 外側肝臓左葉

II

IIa (背側)

IIb (腹側)

部分 II – 左外側肝葉

左後外側部分; 部分 II

 

左内側 内側肝臓左葉 III 部分 III – 左内側肝葉

左前外側部分; 部分 III

 

中央 方形 方形葉 IV 部分IV – 方形葉

左内側部分; 部分 IV

 

右内側 内側肝臓右葉 V 部分 V – 右内側肝葉 前内側部分; 部分 V
尾状葉乳頭突起 乳頭突起 I 部分 I – 乳頭突起

後部分; 尾状葉; 部分 I

 

右外側 外側肝臓右葉

VI

VIa (背側)

VIb (腹側)

部分VI – 右」外側肝葉

前外側部分; 部分 VI

 

尾状葉尾状突起

尾状突起

 

VII 部分 VII – 尾状突起

後外側部分; 部分 VII

 

     

 

 

 

犬は部分VIIIなし

 

後内側部分; 部分 VIII

 

 

肝分節に関する特筆 :

  • NAVでは、尾状突起と乳頭突起は同じ葉である尾状葉に含まれています。しかし二つの突起は右か左の血管新生が異なるので、この肝分節において同じ葉に含まれることはできません。尾状葉が部分I であり尾状突起と乳頭突起を含む人間の肝分節とは反対になります。
  • 部分VIIIは犬にはありません。

 

肝区域 - イヌ - CTスキャン

肝区域 - イヌ - CTスキャン

 

 

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の断面解剖図(肝臓、肝分節、膵臓、胆道系、消化管、小腸と大腸、腎臓、膀胱、生殖器、腹膜)

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の断面解剖図(肝臓、肝分節、膵臓、胆道系、消化管、小腸と大腸、腎臓、膀胱、生殖器、腹膜)

 

 

イヌ - 腹膜腔: 腹膜,  網囊, 大網, 腸間膜, 小網

イヌ - 腹膜腔: 腹膜, 網囊, 大網, 腸間膜, 小網

 

 

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の解剖図: 消化管, 胃, 結腸

CTイメージによる雄犬の腹部と骨盤の解剖図: 消化管, 胃, 結腸

 

 

イヌ - 泌尿器: 腎臓, 尿管, 膀胱, 雄の尿道

イヌ - 泌尿器: 腎臓, 尿管, 膀胱, 雄の尿道

 

 

腎臓 - イヌ - 解剖学アトラス

腎臓 - イヌ - 解剖学アトラス

 

 

イヌ - 骨盤 - 会陰(エイン) - 解剖学,解剖学-

イヌ - 骨盤 - 会陰(エイン) - 解剖学,解剖学-

 

 

イヌ - 寛骨 - 陰茎骨

イヌ - 寛骨 - 陰茎骨

 

 

イヌ - 骨 学:3D - 骨 - 解剖学的画像

イヌ - 骨 学:3D - 骨 - 解剖学的画像

 

 

3D - 解剖学アトラス - イヌ: 肝臓, 胆囊, 肝臓, 膵臓, 脾臓

3D - 解剖学アトラス - イヌ: 肝臓, 胆囊, 肝臓, 膵臓, 脾臓

 

 

イヌ - 消化器 - 3D - 解剖学,解剖学-: 胃, 十二指腸, 空腸, 回腸, 小腸, 大腸, 結腸, 直腸

イヌ - 消化器 - 3D - 解剖学,解剖学-: 胃, 十二指腸, 空腸, 回腸, 小腸, 大腸, 結腸, 直腸

 

 

イヌ - 3D - 尿生殖器: 陰茎, 陰茎骨, 膀胱, 雄の尿道, 雄の生殖器

イヌ - 3D - 尿生殖器: 陰茎, 陰茎骨, 膀胱, 雄の尿道, 雄の生殖器

 

 

イヌ - 腹大動脈 - 解剖学,解剖学- - 3D: 腹腔動脈, 脾動脈, 肝動脈, 前腸間膜動脈, 後殿動脈, 内陰部動脈

イヌ - 腹大動脈 - 解剖学,解剖学- - 3D: 腹腔動脈, 脾動脈, 肝動脈, 前腸間膜動脈, 後殿動脈, 内陰部動脈

 

 

脈管学 - 3D - 動物: 後大静脈 -  イヌ

脈管学 - 3D - 動物: 後大静脈 - イヌ

 

 

イヌ - 門脈 - 脾静脈 - 前腸間膜静脈 - 肺葉門脈 - 肝臓

イヌ - 門脈 - 脾静脈 - 前腸間膜静脈 - 肺葉門脈 - 肝臓

 

 

獣医解剖学 - 3D: イヌ - 内臓学 - 腹腔

獣医解剖学 - 3D: イヌ - 内臓学 - 腹腔

 

 

CTによる犬の腹部と骨盤の解剖図 - 解剖学アトラス - 3D: 筋 学 - 腹部の筋 - 尾部の筋

CTによる犬の腹部と骨盤の解剖図 - 解剖学アトラス - 3D: 筋 学 - 腹部の筋 - 尾部の筋

 

 

体表解剖学 - 3D: 体幹 (イヌ)

体表解剖学 - 3D: 体幹 (イヌ)

 

書誌

  • Miller’s Anatomy of the Dog, 4th Edition
  • Veterinary Anatomy of Domestic Mammals. Textbook and Colour Atlas. Edited by: Horst Erich König. Veterinarmedizinische Universität Wien, Austria
  • Anatomie comparée des mammifères domestiques: Splanchnologie - Robert Barone
  • Illustrated Veterinary Anatomical Nomenclature. Oskar Schaller, Gheorghe M. Constantinescu. Georg Thieme Verlag, 2007
  • Nomina Anatomica Veterinaria - 6th Edition – 2017
  • Mari L, Acocella F. Vascular anatomy of canine hepatic venous system: a basis for liver surgery. Anat Histol Embryol. 2015 Jun;44(3):212-24. doi:10.1111/ahe.12129. Epub 2014 Aug 5. PubMed PMID: 25090952.