vet-Anatomy

CTスキャンによる犬の頭部と頭蓋の切断解剖学(頭蓋骨、脳、顔の筋肉、喉頭、咽頭、顔面骨洞)

筆者

Antoine Micheau - MD , Denis Hoa - MD , Susanne AEB Borofka - PhD - dipl. ECVDI

投稿する

2019年 7月 31日 水曜日

セクション


解剖学的構造

CTスキャンによる犬の頭部と頭蓋の切断解剖学(頭蓋骨、脳、顔の筋肉、喉頭、咽頭、顔面骨洞)

このvet-AnatomyのモデュールはCTによる犬の頭の解剖学アトラスを提供します。イメージは三つの異なる面(横断、矢状断、背側)、二つの異なるコントラスト(骨と軟部組織)で利用可能です。モデュール最後の追加3D画像は頭蓋骨の3D骨格再構築と皮膚表現で犬の一般解剖図を描写しています。

 

740の解剖学用語がラベル付けされており、異なるセクションに整理されています: 

頭蓋骨解剖学全般

頭の部位

骨(頭蓋、後頭骨、前頭骨、前蝶形骨、基蝶形骨、側頭骨、篩骨、鋤骨、切歯骨、鼻骨、あご骨、頬骨、口蓋骨、涙骨、翼状骨、下顎骨、舌骨装置、脊柱)

  

  • 頭の縫合
  • 関節
  • 筋肉
  • 筋膜
  • ナンバリング
  • 副鼻
  • 中枢神経
  • 静脈
  • リンパ

 

CT検査は健康な5歳のラブラドールレトリバーにDr. Susanne AEB Boroffka, dipl. ECVDI, PhD (ユトレヒト, オランダ)により実施されました。画像表示、3D再フォーマット、解剖学ラベル付けはDr Antoine Micheau, 放射線医師(モンプリエ、フランス) とDr. Denis Hoa, 放射線医師 (モンプリエ、フランス)により実施されました。

 

CTスキャンによる犬の頭部と頭蓋の切断解剖学(頭蓋骨、脳、顔の筋肉、喉頭、咽頭、顔面骨洞)

CTスキャンによる犬の頭部と頭蓋の切断解剖学(頭蓋骨、脳、顔の筋肉、喉頭、咽頭、顔面骨洞)

 

vet-Anatomy - イヌ: 頭蓋 - CTスキャン

vet-Anatomy - イヌ: 頭蓋 - CTスキャン

 

断面解剖学 - 頭 - CTスキャン

断面解剖学 - 頭 - CTスキャン

 

イヌ- 筋: 解剖学アトラス: 頭, 顔, 頸

イヌ- 筋: 解剖学アトラス: 頭, 顔, 頸

 

断面解剖学 - 矢状-: 鼻腔, 舌

断面解剖学 - 矢状-: 鼻腔, 舌

 

頭蓋 - 3D - イヌ - 解剖学アトラス

頭蓋 - 3D - イヌ - 解剖学アトラス

 

獣医の解剖学 - イヌ: 骨 - 3D - 背側-

獣医の解剖学 - イヌ: 骨 - 3D - 背側-

 

吻側-,前- - 3D: 切歯骨, 鼻骨, 上顎骨,前頭骨

吻側-,前- - 3D: 切歯骨, 鼻骨, 上顎骨,前頭骨

 

Labrador - 顔の部位: 一般解剖学

Labrador - 顔の部位: 一般解剖学