vet-Anatomy

CTスキャンによる犬の膝の解剖学

筆者

Antoine Micheau - MD , Denis Hoa - MD , Susanne AEB Borofka - PhD - dipl. ECVDI

投稿する

2019年 10月 29日 火曜日

セクション

DOI

https://doi.org/10.37019/vet-anatomy/586827.jp


解剖学的構造

CTスキャンによる犬の膝の解剖学

このvet-Anatomy の解剖学モデュールはMRIによる犬の後膝関節 のX線解剖学の完全にインタラクティブなラベル付けされたアトラスを提供しています。

この犬の通常左後膝のMRIは1.5T MRI でDr.Susanne AEB Boroffka, dipl. ECVDI, PhD (オランダ、ユトレヒト)によって行われました。画像はT1重みづけで、三つの通常臨床面(横断、矢状断、背側)で行われています。

このモデュールの最後に3D画像データセットを追加していますが、このCTによるVRに使われている犬はMR画像に使われているものと同じ標本ではないことに留意してください。

 

 

MRIによる犬の後膝関節の解剖学 - 筋 - 靱帯 - 腱

MRIによる犬の後膝関節の解剖学 - 筋 - 靱帯 - 腱

 

MRIによる犬の後膝関節の解説付き断面解剖図(半月板、側副靭帯と十字靱帯、大腿筋と下腿筋、腱)

MRIによる犬の後膝関節の解説付き断面解剖図(半月板、側副靭帯と十字靱帯、大腿筋と下腿筋、腱)

 

MRIによる犬の後膝関節の解剖学 - 前十字靱帯 - 後十字靱帯

MRIによる犬の後膝関節の解剖学 - 前十字靱帯 - 後十字靱帯

 

犬 – 後膝 - 大腿骨 - 膝蓋 - 脛骨 - 腓骨 - 種子骨

犬 – 後膝 - 大腿骨 - 膝蓋 - 脛骨 - 腓骨 - 種子骨