vet-Anatomy

MRI 犬の脳 - 獣医解剖学アトラス

筆者

Antoine Micheau - MD , Denis Hoa - MD , Susanne AEB Borofka - PhD - dipl. ECVDI

投稿する

2019年 10月 29日 火曜日

セクション


解剖学的構造

MRI 犬の脳 - 獣医解剖学アトラス

このvet-Anatomy解剖学モデュールは一般的な犬の脳のMRI断面図を基にしています。
400以上の画像が利用可能です。二歳の健康なラブラドール・レトリバーに1.5 T MRIにより撮影されたものです。画像は以下の様に編成されています。 :

  • 5つの加重値( FLAIR, T1, T1w-Gd, T2, T2*w )によるスピンエコー 横断面像が利用可能
  • ガドリニウム造影 による 3DT1W の MPRに基づいた三つの画像シリーズ(横断、矢状断、背側)

305の解剖学部位が異なるセクションにラべル付けされ構成されています

  • 部位
  • 脳葉
  • 解剖学全般
  • 嗅脳
  • 新皮室
  • 白質
  • 線条体
  • 間脳
  • 中脳
  • 小脳
  • 脳橋
  • 延髄
  • 脊椎
  • 脳神経
  • 心室
  • クモ膜下槽
  • 髄膜
  • 動脈
  • 大脳静脈
  • 硬膜静脈洞
  • 頭蓋骨

この犬の脳のMRIはDr. Susanne AEB Boroffka、dipl. ECVDI, PhD (オランダ、ユトレヒト)により行われました。画像表示と解剖学ラベリングは Dr. Antoine Micheau、レントゲン技師(フランス、モンプリエ)とDr. Denis Hoaレントゲン技師(フランス、モンプリエ)によって行われました。参考文献の協力について Pascal Fontaineに感謝します。

the Nomina Anatomica Veterinaria (fifth edition - 2012 by ICVGAN)で定義されたラテン語を使いラベル付けされています。 Antoine Micheau - MD, Imaiosにより英語とフランス語に翻訳されました。

 

イヌ - 脳 - MRI:T2w, フレアー法, T1強調画像, T1w-Gd

イヌ - 脳 - MRI

 

犬の脳の解剖学アトラス:MRIによる犬の脳の横断、矢状、背部断面図

犬の脳の解剖学アトラス:MRIによる犬の脳の横断、矢状、背部断面図

 

Animal - 脳幹 - 解剖学,解剖学-: 橋の断面, 中小脳脚〔橋腕〕, 第四脳室

Animal - 脳幹 - 解剖学,解剖学-: 橋の断面, 中小脳脚〔橋腕〕, 第四脳室

 

犬の脳MRIアトラス - 獣医放射線医学: 下垂体, 脳幹

犬の脳MRIアトラス - 獣医放射線医学

 

MRI 犬の脳 - 獣医解剖学アトラス: 大脳葉, 嗅球,  小脳

MRI 犬の脳 - 獣医解剖学アトラス

 

嗅脳 - Animal (イヌ): 嗅球,  嗅脚, 外側嗅索, 海馬

嗅脳 - Animal (イヌ): 嗅球, 嗅脚, 外側嗅索, 海馬